板金にはいろいろな種類がある

精密板金で作る部品

男の人

板金の種類

機械

板金業務とは

板金は幅広い意味を持ちます。一般的には車の金属部品の加工や修復といったイメージかもしれませんが、広義の意味では金属の加工業務であれば板金といいます。

用途に合わせて金属の加工方法を決める

寸法などがそれほどシビアでなく、部品を大量に作る場合は決まった金型で部品を制作したほうが長期的にみてコストダウンが測れる場合が多いです。逆に電子機器などの部品で精密さが命であれば精密板金の技術で部品を製造したほうが良いでしょう。

板金材料に関しても様々

自動車板金や建築板金など、比較的大型のパーツ製作に向いている材質と、精密板金などでの小さ部品制作に向いている金属があります。各金属の特徴については他のページで詳しく説明します。

その他の板金

まだ説明していない板金では建築板金というものがあります。こちらは屋根や外壁の加工修復などを執り行う技術になります。利用する際は、チェックしておくと役立つでしょう。

板金は技術者ありき

板金は加工方法や材質が大事と思われるかもしれませんが、一番大事なのは技術者です。技術者の腕次第で金属のパーツの仕上がりに大きな差が出てきます。板金に関しては良い業者や技術者を選ぶことが最優先事項なのです。