金属のパーツの製造を加工業者に頼む際の流れについて知ろう

精密板金で作る部品

男の人

金属のパーツ製造を依頼する際の流れ

レディ

製品のアイデアから

製品のアイデア段階で、製品のパーツを精密板金で作ったほうがいいのかそうでないのかある程度判断しておきましょう。精密板金で作る利点や目的をよく考えて置くと良いでしょう。

見積もり

業者で部品の設計が可能か、不可能か、納期はどれくらいになりそうか、大量に発注した場合値段はどうなるかなど概算で出してもらいましょう。この段階では複数の業者に相談したほうが良いです。

デザイン設計

いよいよ具体的なデザイン設計です。一般的に精密板金などではデザイン設計に一番時間がかかります。逆にここに時間をかけることで、納得のいくパーツが出来上がりますので、業者の技術者と妥協せず綿密に話し合いましょう。

試作品の製造

次はプロトタイプの制作です。部品の難易度にもよりますが、2~3週間で完成します。部品を発注するかしないかも試作品の出来にかかってきます。

試作品の確認

試作品で出来たパーツが実用に耐えうるかどうかしっかり見極めましょう。会社などに持ち帰って試作品の完成度を判断します。

発注

試作品で納得のいくものが出来れば発注になります。この前段階で納期や値段に関してもう一度見直し、全ての問題点がクリアできれば会社の命運をかけてその業者にパーツ制作を依頼しましょう。